ウスネオイデス(吊るし方を変えました)

■ Tillandsia usneoides

 

うちのウスネオイデスです。

f:id:ichi_n:20171105004726j:image

どこかで

「根元から5センチ程の所を

麻紐や針金で縛って吊るす」と聞いて、

真似してました。

でもこの管理方法、

時々、縛っている箇所を

ほぐしてやらなくてはいけません。

私は面倒くさがって、

そのまま水やりしていましたが

縛っている箇所が蒸れて

根元から枯れが進行してしまいました。

f:id:ichi_n:20171105004849j:image

成長し伸びてはいますが、

その速度も間に合わず、

枯れた部分が大半になってきました。

そこで!吊るし方を変えます!!

 

ハンギングワイヤーでもいいかな…

とは思ったのですが、

せっかくなので、

ウスネオイデスと見た目の相性も良い

流木で吊るします。

 

f:id:ichi_n:20171105004907j:image

流木を用意。1000円くらいです。

f:id:ichi_n:20171105004940j:image

ヒートン(ネジに輪っかがついた金具)を

流木へ取り付け、

チェーンをひっかけます。

壁への取り付け用に、

S字フックを取り付けました。

 

これを壁へ吊るし、

ウスネオイデスを縛らず、

引っかけるだけ。

ついでに、枯れた部分を切り落とすと

だいぶ量が減ってしまったので、

新しいウスネオイデスを足しました。

f:id:ichi_n:20171105005200j:image

これで縛った場所から

枯れることもなく、

風通しの良い管理が

できるかと思います(たぶん)

 

今後の成長具合は、

またブログで報告します。

 

end.